動物病院

愛犬を脅かす病、椎間板ヘルニア|徹底ケアでバッチリできるノミ対策

普段の様子に注意

犬

椎間板ヘルニアは、犬では話すことができませんので、例え痛くてもそれを訴える術がありません。ダックスフンドやプードル、シーズーといった軟骨異栄養犬種は特に注意が必要です。様子がおかしければ、病院に連れて行きましょう。

» 詳しくはこちら

命にかかわる問題

ペット

椎間板ヘルニアは犬にとって、人間以上に命にかかわる問題です。手術の必要性が生まれることもあるため、様々な前兆を知り、改善策と予防方法、そして注意点を学び、上手に向き合うことが大切です。

» 詳しくはこちら

ノミ駆除の方法

動物病院

ノミはペットのいる家庭で表れやすいものですが、生活を改善させることで簡単にノミ対策が行えます。ブラッシングやシャンプーのこまめな活用を行うほか、周辺の絨毯などのこまめなクリーニングも必要です。

» 詳しくはこちら

椎間板の異常

動物病院

犬などのペットは、長年一緒に暮らしていれば病気や怪我といった健康を損ねる事態に陥ることがあります。そのため、大切な愛犬を守るために病気について知識を蓄えることは必須のことといえるでしょう。人と犬には共通して罹ってしまう病もあります。椎間板ヘルニアがその一つであり、椎間板と呼ばれる脊椎の間にあるクッションをしている部位に問題が生じることで、この病は発症します。愛犬が椎間板ヘルニアとなると、変形して飛び出した椎間板が脊髄神経を圧迫するようになるので、見た目から多くの変化が現れます。散歩に行きたがらなくなり、ちょっとした段差でも乗り越えられなくなることや、後ろ足を引きずりながら歩くなど、明らかな変化を見て取ることができるでしょう。この椎間板ヘルニアはダックスフンドなどの犬種にとくに多く発症し、滑り止め機能がついたフロアコーティングを行うなどの対策を行うことで、発症を防ぐことができます。治療には内科療法としてケージレストを行いながらの薬物療法、レーザー療法が利用されるほか、外科療法として変形した椎間板の切除などの方法が選択できます。症状の重さや年齢などの考慮し、どのような治療法が適切であるか獣医さんと相談しながら決めましょう。

愛犬を飼っていると問題となるのがノミです。外へ散歩を行う犬ならば、特にこうしたノミに寄生されやすいので、家までノミを運んでしまいノミがもたらす痒みに悩まされているという人も多くいるでしょう。このノミの問題は、毎日のケアを心がけることで対応することができます。ブラッシングやシャンプーを定期的に行い、ノミが隠れそうな絨毯などのクリーニング、部屋の隅々までの掃き掃除などを行うことで対象が可能なのです。ノミ駆除用のグッズも数多く販売されているので、活用することで繁殖したノミを速やかに処分することもできるのです。